噴火・潮吹きの定理

ポケモン対戦をいかにシンプルにできるか

指ゴリラの取り扱い説明書(APPDATE寄稿の補足)

この記事について

 

先日APPDATE様に構築記事を寄稿しました。こちらです。

 

app-date.net

細かいプレイングなどについて補足があるので、当ブログの記事ではそれを補足します。

 

レンタルチームはこれ。ヒヒダルマが持ってるのはヨロギのみ(岩半減)。

f:id:colon_sem:20200607211449j:plain

 

1:ヒヒダルマを出しまくってはならない

 

そもそもこの構築には、ダルマ+指3枚のダルマ選出とドリュウズロトム+指2枚の裏選出がある。INC42戦でダイマックスしたポケモンと戦績は以下の通り。

 

ダルマ 11-7

ドリュ 9-3

ロトム 6-6

 

そもそもダルマ選出を18戦しかしていない。リザードンシャンデラヒヒダルマコータス辺りに上から(下から)全体技を複数回打たれるとどうしようもないので、出すときは慎重を期す。

 

ロトムの6敗のうち3敗が対トリパなのでそこはどうにかしたかった。

 

2:「このゆびとまれ+ダイウォール(まもる)」による切り返し

 

初見だとかなり謎だが、指役が複数枚いるためこんな切り返し方も存在する。以下は実際にランクマ(ビギナー級)で遭遇した盤面。

 

相手:おいかぜ下ネイティオダイマックスギギギアル ネイティオの方が速い

こちら:赤ゲージピッピ+はらだいこ済みヒヒダルマ

 

いつも通りピッピこのゆびとまれヒヒダルマ攻撃の場合:

ピッピが相手ネイティオの攻撃で倒される→ギギギアルの攻撃がヒヒダルマに直撃する→倒される→負け

 

ピッピこのゆびとまれヒヒダルマダイウォールの場合:

ピッピが相手ネイティオの攻撃で倒される→ギギギアルの攻撃がヒヒダルマに直撃しない

次のターンに新鮮な指2枚目を投入ネイティオギギギアルの攻撃を両方受け止め、返しのダイアースでギギギアルを落とせる。

 

このゆびとまれ+ダイウォール(まもる)が切り返しになっていることが分かると思う。相手に上を取られている際に必要になることが多く、指役の消耗を迫られるので基本不利盤面である。なのでヒヒダルマは陽気最速にしてある。S種族値135が偉い。

 

(なお実戦でのネイティオの行動はトリックルーム おいかぜ直後のトリルは相手の思い切りが良すぎる)

 

 

3:安定を求めてはならない

 

ダルマ選出の場合、構築の性質上「ダルマが倒されれば負け」なので様々な負け方をする。

 

1:相手トゲキッスライチュウ、こちらイエッサン+はらだいこヒヒダルマ

トゲキッスてだすけ、イエッサンはこのゆびとまれ

ヒヒダルマダイマックス、トゲキッスへダイアイス、倒す

ライチュウなみのりヒヒダルマ倒される

負け

 

2:相手ピッピ+ドリュウズ、こちらピッピ+ヒヒダルマ

相手ピッピてだすけ、こちらピッピこのゆびとまれ

ヒヒダルマダイマックス、ドリュウズへダイアイス、タスキで耐えられる

ドリュウズいわなだれ

「陽気ドリュウズの手助けいわなだれダブルダメージ」を、「はらだいこ後フレンドガード+ヨロギのみ込みダイマックスダルマモードガラルヒヒダルマ」は確定耐えする。が、急所で倒される

負け

 

ダルマ選出は楽しいが脆いので、スリリングな勝負を楽しめる人向け。安定して勝ちたい場合は裏選出or別の構築がおすすめ。

 

 

f:id:colon_sem:20200607211244j:plain

 

皆様よきゴリラライフを!