噴火・潮吹きの定理

ポケモン対戦をいかにシンプルにできるか

【反省会】タブンゲル【ORASトリプルフリー】

注:この記事は反省会記事です。

  • 構築の流れ
    • 理想
    • 真実
  • 個別解説
  • 感想

 

構築の流れ

 

理想

超火力ギミックを使いたいところからスタート。

 

超火力を出せるポケモンはある程度決まっているので、全く新しいものを自分で一から組むのはなんだかんだ難しい。今回は既存の構築を参考にすることにした。

 

超火力ギミックの代名詞といえば(個人的には)タコエッテ

zalwa.net

カクレオンのサンのみ投げつける+共生ピントレンズフラエッテの草技+弱点保険」で、確定急所弱保スナイパーオクタンの4.5倍しおふきで全てを倒す構築である。

 

なんでもメガカメックスを確定1発にできるらしい。

 

ORASトリプルではまずはそのまま使おうかなあ... と考えていたところ、タコエッテで1か所微妙にもどかしいことろがあった。

 

オクタンが悪弱点ではないのだ。

 

もしオクタンが悪弱点なら、なげつけるで弱保を起動できる。フラエッテが草技を打つ必要がなくなり、初手からあまごい等火力を伸ばせる技を使えるはずなのだ。

 

もしオクタンが悪タイプ弱点になったような、そんなポケモンがいれば...

 



オクタンをブルンゲルにした。

続きを読む

【ORASトリプル】メガガルーラ入りメガバクーダ?トリパ【コータス・ピカチュウ】

 

構築の流れ

 

ORASトリプルフリーでもコータスを活躍させたい*1

 

前回も採用したがそもそも低レベルポケモンが3体もいる構築だったため、お世辞にも勝てたとは言えなかった。

 

その反省を生かして今回は全員レベル50とし、さらに強い構築を参考にしてコータスを十分に活躍させたい。コータスと役割が似ているポケモンで強い構築に入っているポケモンと言えば...

 

メガバクーダである。

*1:個人的に対戦面で最も好きなポケモンなので

続きを読む

【アマージョのフェイント】剣盾で消えたタマゴ技はなぜ消えたのか【ヒトカゲのエアカッター】

  • 前置き
  • 対象となる技とその数
  • 分類紹介
    • 1:単純にナーフされた可能性が高い
    • 2:教え技が遺伝に絡む
    • 3:過去の技マシンが遺伝に絡むパターン
    • 4:進化時限定になったパターン
    • 5:遺伝経路が途切れたパターン
    • 6:遺伝経路が途切れたパターン・ダウンロードコンテンツ
    • 7:遺伝経路が途切れたパターン・剣盾新要素が考慮されなかった編
  • BDSPでは?
  • まとめ

前置き

 

アマージョのフェイント。

 

アローラでダブルバトルをしていたプレイヤーなら記憶に残っていると思う。特性じょおうのいげんと合わせて、相手のねこだまし・まもる・ワイドガードといった妨害技を無効化、隣の追い風エースやトリルエースの技を通す。アマージョにしかできない個性である。

 

ところが剣盾ではなんと習得せず。残念がったアマージョファンや対戦勢は後を絶たない。

 

ここでなぜ剣盾で習得できなかったのか、というか逆にアローラではなぜ習得できていたのか気になったので確認してみた。その結果、

 

アローラではキノガッサからだけ遺伝するタマゴ技だった。

 

遺伝経路のキノガッサがガラルにいなかっただけなのでは??

 

もちろん、「そのポケモンに欠かせない技」は遺伝経路が途切れても通常技として転生することもある(コータスのふんか等)。アマージョのフェイントはそうではなく、意図的にタマゴ技から除かれた可能性もある。

 

ただ一方で、単に繋がらないという理由だけで覚えない可能性も残る。この場合は、次回作スカーレット・バイオレットではキノガッサが存在するため遺伝経路が再び繋がる。これならフェイントが復活しそう(と筆者は思う)。

 

...ここまで考えると、アマージョ以外がどうなっているのかも気になる。

 

この記事では、「剣盾で習得できなくなったタマゴ技」を確認して、どういう経緯で覚えられないのかを観察・分類した。

 

続きを読む

【ポケマス】エリートモード10000ptを配布・低レアのみでクリア【初心者向け】

  • 前置き
  • 使うバディーズ
  • 編成の組み方
    • 速攻編成
    • 毒耐久編成
  • オプション
  • チャンピオンバトルの相手を見る
  • 編成を組む
    • ギーマ(鋼弱点)
    • 対シキミ(地面弱点)
    • レンブ(毒弱点)
    • 対カトレア(電気弱点)
    • 対アイリス(格闘弱点)
  • 立ち回り
    • 速攻編成
    • 毒耐久編成
  • 結果とまとめ
  • おまけ1 BP配布星4バディーズについて
  • おまけ2 オプションの具体例

 

前置き

 

2022年8月末で3周年を迎えたポケマス。強いバディーズが続々と追加され、エンドコンテンツであるチャンピオンバトルエリートモード10000pt(2000pt×5)を最近攻略できるようになったプレイヤーも多い。

 

その一方で初心者プレイヤーにとってはまだまだ高い壁になっているのも事実。特に3周年で最近始めた・復帰したプレイヤーも多く、バディーズが揃っていないことも。

 

そこで今回は、初心者でも所持率の高そうな配布・低レアバディーズのみを使ってエリートモード10000ptを攻略、そのときに考えたことを文章化してみた。

 

最も最近のポケマス界隈は動画やwikiなど参考資料がかなり増えてきたが、ブログとして残っているものはそんなにない印象。ブログ形式が好きな読者の参考になれば。

続きを読む

【ORASトリプルフリー】旅パ偽装スバメバシャーモ反省会【はじめました】

  • ごあいさつ
  • 構築の経緯:初心者偽装
  • 構築の経緯:本当に初心者なので
  • 構築の経緯:メンバー決定
  • 個体紹介
  • 動き
  • 戦績
  • 感想
  • まとめ

 

ごあいさつ

 

これまでこのブログでは7世代・8世代ダブルバトルを中心に扱ってきましたが、この度6世代(ORAS)でトリプルバトルを始めました。

 

TNはHelicopter*1です。マッチングした際はよろしくお願いします。

 

*1:好きなポケモンハネッコなのでHelicopterをTNにしました


続きを読む

【とびはねろ!コイキング】ゴリラに祈りを【最高1692最終1647】

前置き

 

公式大会「とびはねろ!コイキング」は、6体から2体選出するダブルバトルで、2体のうち片方は必ずコイキングとなるルールである。

 

じゃくてんほけん」について

 

このルールの仲間大会を触ってみたところ、もちもの「じゃくてんほけん」に抜きんでた強さを感じた。

 

弱点保険はシンプルに倍率が高く、一度発動したらダイマックス同士での殴り合いのダメージレースに非常に有利になる。

 

そのため、弱点保険を持たせるポケモンをより多く選出して何回も起動させることが重要になる。そのポケモンは必然的に構築の中心となるのだ。

 

では誰に弱点保険を持たせるか?どのポケモンコイキング大会をともにすればよいのか?エースバーンだろうか?ドラパルトだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

私はゴリラを選んだ。

私はゴリラを選んだ。

 

続きを読む

【ポケマス】エリートモード等倍2000ptをタイプ・物理特殊別に分けてひたすら挑戦【27編成】

  • きっかけ
  • レギュレーション
  •  
  • 実際に使用した編成
    • 割と簡単にクリアできたパターン
    • クリアするのに苦労したパターン
    • 他タイプのB技の助けを借りてクリアしたパターン
    • 自分はクリアできなかったパターン
    • 誰もクリアできそうにないパターン
    • グラジオについて
  • あのバディーズ多くない...?
  • まとめ
  • 補足:オプションについて

 

 

きっかけ

 

2022年5月、ポケマスのチャンピオンバトルにシンオウ四天王が実装されたところからスタート。

 

バディーズの性能のインフレを意識したのか他の地方と比較しても明らかに難易度が高く、苦戦した人も多いのではないか。

 

中でも厄介なのが「登場時防御2倍」「登場時特防2倍」のスキル。これにより、相手の弱点を突くだけでなく物理と特殊の使い分けまでも求められるようになってしまった。でんき弱点のリョウにカミツレ編成で挑んで全然ダメージが入らず苦戦した人も多いと思う。

 

今のところここまで厄介なのはシンオウ四天王だけだが、この先に似たようなことが起きないとも限らない(ホウエン四天王実装やポイント上限の2500ptへの引き上げなど)。そうでなくても、自分の所持バディーズでどのあたりまで対応できるのかは純粋に気になる。

 

今回は、エリートモード等倍2000ptをタイプ・物理特殊別の34パターンに分けてひたすら挑戦してみた。

 

注:今回の記事はスマホのスクショが多いです。閲覧はスマホ推奨。

続きを読む